FC2ブログ

Art Programme

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

Unclassified


2013

2013.01.02  *Edit 


「今年はツキが最低の厄年です。心の悩み、艱難辛苦、 金銭、病気、色事のトラブル、事故の暗示などがあります。まるで闇夜を歩いているようで、先が見えません。今年は厳寒の冬のような年ですが、寒さに耐えて 頑張れば、やがて希望に燃える春が巡ってきます。今年は勉学のチャンスです。しっかりと実力がつくでしょう。

「冬来たりなば、春遠からじ」。この年を無難に過ごす ことができる人は、しっかりした実力や良い知人・友人をお持ちの方です。今年は季節で言えば真冬。ま るで暗黒の海の世界に落ち込んだような年です。今年は人生における辛くて孤独な時を示し、本厄に当ります。 何もかも冴えない年です。濁流が渦巻いていて、何もかも思うように運びません。

《対処法》サラリーマンにたとえるなら、誰からも認められないような不利な立場に立たされたり、権力闘争の渦中に巻き込まれたり と、水と油のような上下の板挟みになって苦しむ中間管理職といったところです。

引くに引けない、出るに出られない苦境に立たせられたりします。学校でも職場でも、また家庭でも悩みが尽きない時で、心を開いて相談する相手も得にくい時です。

こうした時には、あなたの弱さ、悩みに付け込んでくる油断できない人もいることでしょう。力になってくれるようなことを言って近づいてきて、なけなしの貯金まで根こそぎ持っていってしまう、そんな輩に気を許したら、それこそ泣き面に蜂。
くれぐれも詐欺や悪徳商法に引っかからないようにすることです。
また、異性関係でも人に公表できないようなお付き合いをして裏切られたり、こじれにこじれてにっちもさっちもいかなくなることも大いに予想されます。異性 問題にはいつも以上に気をつけなければなりません。健康にも 細心の注意を払いましょう。ただし、ツキが最低だからと言って、決して自暴自棄になってはいけません。
どうにもならない時には死んだふりでもして、虎視眈々と実力を蓄えるのです。窮 地に立たせられたり、前途に希望を見い出せない時、人々は往々にして動き回ることで活路を見い出そうとします。その気持ちはわからなくはありませんが、 とにかく、今年はツキがないのですから、何か新しく始めることにエネルギーを使うより、じっくり自分自身を深めていく年なのです。

動き回ったところで、 活路を見い出すのはほとんど不可能に近く、むしろ墓穴を掘ることになるでしょう。あなたは今、人生のテストに臨んでいるので す。天から試されているのです。

運命学では、このような時こそ、学問、習い事、研究に邁進して、将来に備える絶好のチャンスとしています。外的にツキのな い時は、内面の充実に専念すべきです。黙々と努力を続け、将来の土台を固める時です。ふだんできない勉強や研究を今やっておけば、必ず将来、大きく 実を結 びます。

ツキのない今年こそ飛躍のチャンスです。この暗 く重苦しい時をいかなる心構えで過ごすか。それによって、あなたの今後の人としての価値が、大きく左右されると言っていいでしょう。

ツキがないか らと言って、何もやってはいけないというわけではありません。仕事や縁談など、すでにスタートしていて、入念な準備がなされているものなら、進めていって いいのです。勿論、ツ キがない時ですから、いつもにも増して慎重に進めなければならないのは言うまでもありません。


「一白水星人のみなさん、停滞気味だった昨年の曲がり角を一時的に脱して、今年の人生サイクルは一区切りの○(吉)です。何事においても白黒はっきりと決着が付くという特徴があります。良い時は良い、ダメな時は全くダメと、明暗が分かれることでしょう。○(吉)ですのでそれ程の好調さを感じるほどではないのですが、基本的に運気は良好ですので、その気になれば比較的良好な流れで一年を過ごすことも可能ですよ。
 昨年は何かと精神的に追い詰められ、やむをえず変革せざるを得ないことが多かったと思います。そこでめげずに将来を見据えてじっくりと考え、うまく変化に対応できた人、いろいろな可能性を見出すことができた人は、今年はその成果を手にすることが出来ます。
 一方、うまく対応できなかった人でも、今年は挽回のチャンスはあります。昨年は昨年、今年は今年です。何事も気分転換の早さが重要ですから、いつまでも悪いものを引きずることなく気持ちを入れ替えて頑張りましょうね。
 今年はコツコツと頑張ってきたことが公の場で評価されやすい時期です。すべてがオープンになるのです。あなたがこれまで如何に頑張ったか、その成果がはっきり出ますので、これまでの自分に自信のある人は楽しみに、その反対の人は覚悟しておきましょう。
 また、秘密が非常に露見しやすい時期です。過去の失敗がまだ公になっていない人、浮気、裏切り、不正、使い込みなど、我が身に人に言えない傷のある方々は覚悟が必要かもしれないですね。いざというときの対処法は前もって考えておく必要がありそうです。
 なにかと華やかな面もある1年で、性格的にも明るく活発になるため、中には外面的な華やかさに流される人も出てくるでしょう。本質を見極めず表面的なものに囚われてしまった人達は、生活や金の使い方が極めて派手になります。しかし金運はないので、羽目をはずしすぎた人は後で必ず火の車になりますから、くれぐれも注意してくださいね。
 その一方、精神的には大変脆い一面もあります。あなたの心はガラス細工のように繊細で壊れやすいでしょう。普段であれば何でもないことでも、今年のあなたは深く傷つき落ち込みます。口喧嘩などは、受ける傷はあなたの方が深く、ダメージも大きいでしょう。
 ちなみに、今までの自分を捨て去りたいと考えるあなた、イメージチェンジするなら今年は大チャンス!過去に囚われず、思いっきり派手に変身しましょう!
◎社会・仕事運  良くも悪くも、世間はあなたに注目します。そしてシビアに評価を下します。昇給・昇格・名誉や地位の上昇等、人によってはっきりと結果が出ますので、その結果をしっかりと受け止めましょう。そして、今後の生き方や仕事の方針に活かしていくべきです。昨年と違い、労働環境や生活環境等で変えるべきところは思い切って変えてみてもいいと思いますよ。
 今年のあなたは非常に頭が冴える時期であり、良いアイディアが次々に浮かんできます。これを上手く利用して、常識や慣習に囚われない、全く新しいものを発案してみてください。
 また、今年のあなたはひがみっぽいので、他人の好成績や好評価を羨み、激しく対立しかねません。感情は努めて抑えましょう。
 転職・独立等のチャレンジは、来年よりは今年の方が挑戦には向いています。あまり勝算がなくても今年中に実現してしまうか、若しくは2年程待つ方が、長期的視野で考えれば得になるでしょう。
 今年のあなたにとって、不正や裏工作は命取りです。やるべきこと、主張するべきことは、正々堂々と正面から突破する気持ちでやらないと何も効果がありませんので、よく注意してください。
◎対人関係・
 恋愛運  今年のあなたは、人との離合集散を頻繁に経験しやすいでしょう。出会いも多いですが、同様に別れも多いのです。これを上手く利用すれば、今年は前々から切りたかった腐れ縁を精算するチャンスです。しかし、気をつけないと、今年のあなたは短気で怒りっぽいので、それが原因で親しい人や大切な人との離別の悲しみを味わうかもしれませんよ。
 今年のあなたは、知らない間に華やかさという「衣装」を身に纏っているでしょう。そのため知らない間に人の心を惹きつけ、気がつくと自分の周りに人が寄ってきます。気持ち的にも積極的で交際上手なので、人付き合いには不自由しないでしょう。
 逆に、結婚に関しては要注意。長年付き合っていて今年決断する分には十分適しています。しかし、今年のあなたはひらめきで軽率に行動しがちな上熱しやすく冷めやすい傾向にありますので、今年出会った相手との電撃結婚は避けるべきでしょう。すぐに冷めたり心変わりしたりして、長く続かないことが多いでしょうから。
 また、今年のあなたは非常に気が多く、思いつきで浮気に走りがちです。三角関係は不本意な結果を招きますよ。
◎病気・事故等  今年の病気は厄介ですよ。まるで火がついて次々と燃え移るように一定せず、いろいろなところが同時に壊れるなんてこともありえます。特に注意を要するのは、目、心臓、精神疾患。火傷や盗難にも遭いやすいので注意しましょう。
 また人との争い諍いの可能性も結構あります。怒り心頭で人に喧嘩を売ると自分が怪我するなんてこともあるので、要注意ですよ。
◎金運  強気で移り気なせいで、一旦スイッチが入ると衝動的に使ってしまいそうです。社会運で出世や昇給が見込める分入りの方はそれなりにありそうですが、基本的にそれほど金運が良いわけではないのであまり金遣いが荒いとすぐに予算超過に陥りますからね。
 今年のあなたは見栄っ張りで、用心しないとすぐに高級品を買いたがる悪いパターンに陥りそうです。買い物は計画的にね。
 また、過去の借金が蒸し返されて、いきなり催促が来たりすることもあるかもしれませんよ。その分ははじめからよけておいた方がよいでしょう。
◎留意点  あなたの人生は、今年で1つのサイクルを回り終えました。来年からは次のステージへと移っていきます。九星盤を一巡したのです。
 来年からのあなたは、これまでの人生の積み重ねを通して、一段ステップアップしていくわけです。準備ができているか否かに関係なく、もうすぐあなたは人生の次のステージに移らなければなりません。とにかくこの9年間で経験した様々な思いを分析・検討して、これから来る新しい人生の展開に挑んでいってくださいね。
 とは言っても、人はみな、九星巡回の最初の年を薄暗い夜明け前の状態で迎えます。来年は今年よりも心労が多く行動するには不向きな時期で、精神に負荷のかかる暗くハードな1年でしょう。その後に上昇気運を迎えるだけに、この時期の乗り気方は大きな意味を持つでしょう。
 新たなステージでは、こうしたはじめの苦しい展開をいかにして乗り切るかが鍵です。準備は今年からでも遅くはありません。冷静さと情熱をバランスよく持って、決して挫けずに頑張ってください。この低迷期に備えて、祐気取り・方位取り等の実践で、今のうちから運気の貯金をしておくと、大切なときに救われますよ。今のうちから定期的に取り組んでおくことをお薦めします。


金銭面でマイナス予兆があり、詐欺ひっかかり予兆が出ているので、
今年は契約は何もしない。カードは解約。購入・契約は本当に必要なら親に相談。
大きな買い物はしないで質素に暮らしていこうと思う。。

恋愛は何もないと思う・・
事故や病気は気を付ける・・!!

毎年何か必ずトラブルはあったけど、トラブルがあっても必ず解決でき、それ以上の物を得てきたと思う。
今年も何かあってもすぐに答えは出さず、冷静に判断して、信頼してる人に相談して決して弱みは人に見せないでおきたい。知り合ったばかりの人は無闇に付いていかない。信用はしない、そのスタイルは名古屋人に学べという感じで。

仕事について。
大阪行きはっきりいってわからない。可能性はあると課長はいっていた。
会社の都合や世の情勢によって変化するので、そんな話があれば即乗る。
だけどそうじゃなくてもそうであっても、仕事はコツコツと実力を付けていきたいと思う。
今している事は、文章能力と洞察力が身につくので、実力を付ければ応用が利く。
今までした事と違うけど、イラストレーター使うこともあり、学生の時は苦手な文章も書かないといけないから
その辺が活かせれるかなと。
この仕事ができるようになったら執筆が簡単にでき、本書く能力くらいは見につくだろうと思うくらい、
結構な量の文章を人にわかりやすく書かないといけないのです。語彙が広がり文章能力が必然と身につくはずだと思い、将来的にメリット大きくなると思う。努力は必要だと思うけどね><

しかしながら、会社の面接の時、適性検査の結果を見せてもらったけど、結構当たっていて、
判定はBだった。
経理職が向いているみたい。。。前職の計算業務の方が本当向いてて楽しかったのと、
文章書くより、計算したり人と話す事も好きということもあり社労士の憧れが強い。



《まとめ》


昨年は勉強ばかりであまりメリハリがなかったけど、仕事もがんばりつつ、
今年は今までしてきた勉強を続けるのと、写真を再開したい思う。
再開といっても撮るのではなくて今まで撮ったのを再生していきたいと思う。
新たに何かをするのではなく、今までしてきた事を持続させ、仏教やアートについて深めていきたいって思う。
余力があれば漫画も・・・
お金、人間関係、事故、病気には気を付け、身を慎み生活して家でじっくり勉強と作品制作をしようと思う。。



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

今年もよろしくね! 

昨年は(仕事は別として)写真についても考えさせられる年でした。
だいたい3年くらいを単位に そのとき自分が最も切実に感じたものをテーマに据えて撮ってきたんだけど──
1枚の写真をデジタル現像しながら「よく撮れた^^」と満足感を得るのと、数年にわたり撮り続けた写真群に展開を与えて、たとえばブック形式にしたら、どう見せたい?ギャラリーに展示するなら何を見せたい?と考えるのとは、全く別の世界の出来事なんだってことを痛感させられた年でもありました。
写ってるものはもちろん大切だけど、別な何かが働かない写真には心が動かされない(・・・そう言いきっていいのか。う~ん)。その何かを感じ、評価する自分の物差しに自信が持てなかったりする。
撮りながら考えることでしか前に進めないのかも知れない。
当り前の話よね(あはっ)
じゃね~また♪

Re: 今年もよろしくね! 

FAYさんは写真の発表はしないんですか?あるいは公募展に出すとか・・・
写真ずっと撮ってるし考えている事も素敵だと思うから、
次のステップに写真展良いと思います。世界広がります。

私が写真展を開く前は2年間くらい人の作品や全国のギャラリー周り美術館、
歴代写真家の写真集をずっと見てきました。
映画も見ました。写真ばかりではなく展示の仕方についても。
展示するなら展示方法をきちんとしてないと写真が死んでしまいますし、
や本にするならどう見せるかで全く違ってくるので・・・。
携帯使うかアイフォン使うかくらい違って来ると思います。
私は大阪で個展したいです。前したやつのシリーズで・・・。
それが落ち着いたら次の作品展開を考え、本を出したいですね。。
作品制作は長いスパンですよ。一生的なものだから、
飽きるから違う事もしつつしないと長続きしないっす・・・。
 管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

MENU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。