FC2ブログ

Art Programme

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

Art museums(GALLERIES)


クリムト、シーレ ウィーン世紀末展@札幌芸術の森美術館

2009.09.12  *Edit 

芸術の森美術館
http://www.artpark.or.jp/index.html


他会期
http://4travel.jp/domestic/area/kanto/tokyo/tips/10112146/

先月の話になるけど、クリムト、シーレ ウィーン世紀末展を見に札幌芸術の森美術館にいってきた。
クリムトとシーレのこの二人は好きだ。二人は対照的で、年齢も離れているが、
クリムトはシーレの才能を見出し画家としての二人の関係が始まった。

展覧会の内容からいって、タイトルに正直だまされた感があった。そういうことはよくあるんだけど。。
世紀末展とあるから、その時代の他の作家の作品が主に占めてあった。
ほとんどの額はアールヌーボーという感じ。当時のロートレックのようなポスターのような絵もあった。
これはもうお約束みたいなものって感じですね。世紀末展とあるから。
自分的には、クリムト、シーレのみかと思ってました。
有名な作品は来てなく、クリムトとシーレの各作品がワンフロアのみに収まって展示されていたから
作品の点数が少ない。なにより、クリムトとシーレの使用している額が対照的で、
シーレの額が貧弱。クリムトは豪華。

IMG_4710.jpg IMG_4712.jpg

そんな具合でしたが、芸術の森美術館も気になっていた。広い土地を使って色んな建物が建てられてるんだけど、森の中だからもちろん森林も多い。時間の関係でじっくりは見られなかったけど、
森の中にあるのは北海道の特徴を生かしたつくりになってていいところだなと思った。

IMG_4716.jpg IMG_4734.jpg
IMG_4736.jpg IMG_4738.jpg


環境的にはよかったけど、場所が、札幌中心地から遠い。
北海道は、車社会。観光客が芸術の森美術館に行く場合は、バスを利用しなければならない。
これは街づくりとしては、どうだろう。電車が芸術の森美術館付近まで通過していた時代があったけど、利用者が少ないためか閉鎖されてしまった。そして、芸術の森美術館は、冬季期間中は、閉鎖されてしまう。
北海道だから仕方ない話ではなくて、せっかく、美術館には図書館やワークショップが出来る設備があるのに、年中使えない施設はもったいない話である。
北海道の施設はどこも冬季期間はお休みになってしまうのは、寂しい。
街の中心に持っていって、観光客にも開放させるようにしたつくりが成功する。
札幌の中心に外部からの観光客が多いのが、ススキノといった風俗街や飲み屋街であるが、
そんなものははっきりいって要らないです。
ススキノ・・・は一体何を生むのであろうか~~。大人だけの狭い世界だよなぁ~~。。;;
北海道に生まれ育って、小さい頃からすごく恥ずかしい場所と感じていた。だから札幌は好きになれないんだ。
もうそんな時代をやめてアートと街の一体型を目指して欲しいと思う。

そういった意味で成功しているのは金沢の21世紀美術館だなと思った。金沢にも飲み屋街はちょっとあるけど、歴史的なものも大切に残しているし、街の人々が歴史を大事に支えて観光客に開放させている。だからみんなが活気あって元気な街という印象を受ける。
21世紀美術館は木々の自然、町、人の環境を配慮し、お互いが相互しあう関係で作られていて、開放的で、誰にでも、外部からもそこに住んでる人たちにも行きやすい環境である。
それは自然や人にも優しい環境作りであるのだ。

その21世紀美術館では、「未完の横尾忠則」展が開催中。横尾ファンとしては、行って見たい。


21世紀美術館
http://www.kanazawa21.jp/










*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

 管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

MENU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。